読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デンシノオト

音楽の印象。

Kiefer『Kickinit Alone』(Leaving Records/2017)

f:id:post-it:20170420074837j:plain

 Matthewdavidが主宰する〈Leaving Records〉からリリースされたカリフォルニアのキーボーディスト/ビートメイカーのデビュー作で、アンビエンスなビート&ジャズなトラック集。10年代の西海岸的なビート・ミュージックとニューエイジリバイバル後のモードを感じる今のサウンドに仕上がっていた(彼はStones Throwからのリリースで知られるMndsgnのツアーにSwarvyと共に参加しているらしい)。泡のように弾けるキーボードとロウテックなビートが交錯し、モダン・レア・グルーヴという矛盾する(?)言葉が脳裏に浮かんでしまったほど。とてもリラクシンで、少しだけストレンジなビート・ミュージック。これからの季節のBGMにすごく良さそう。気持良い。

 

https://leavingrecords.bandcamp.com/album/kickinit-alone